掲示板で知り合ったセフレと出会うために佐賀に行く

掲示板で知り合ったセフレと出会うために佐賀に行く

みなさんは佐賀にどんなイメージがありますか。僕には何のイメージもありませんでした。そもそも佐賀ってどこだ?そんな僕でしたが、出会い系のセフレ掲示板で知り合った女の子が、たまたま佐賀に住んでいるということだったので、佐賀に行くことになりました。しかし、彼女の住んでいる町の名前を確認したんですが、そこまで行ける自信がなくて、佐賀市内まで彼女に出てきてもらうことにしました。

彼女によると、佐賀はバルーンフェスタが有名らしいんですが、僕はそういえば聞いたことがあるような、という程度の認識です。

彼女と掲示板で約束して、電車を乗り継ぎながら佐賀へと向かいました。佐賀駅前で彼女と合流したものの、帰りの心配をして待ち合わせの時間を早い時間に設定したのは失敗でしたね。お酒が飲めるお店の開店時間には早すぎて、その手のお店はどこも開いていませんでした。どうせ暗くなっても開店するお店はないよ~、と彼女に言われましたが。言われてみれば、駅の近くの商店街の見通しがよろしいのが印象に残っていますね。しょうがないからラブホに直行するしかありませんでした。ラブホがあって助かりました。そこまでは考えてませんでしたね。どうせセフレにするんだから、変にしゃれたお店に連れて行くよりよかったかもしれないですね。会話しているなかでぼろが出たかもしれないですからね。

佐賀でできたセフレとラブホテルへ

駅からそう離れていないラブホに行きました。ホテルまでの道すがらでは他の通行人とはすれ違うことはありませんでしたが、ラブホには人が集まっていましたね。部屋のほとんどは埋まっていましたよ。残り少ない部屋を選んで彼女と入りました。彼女はシャワーからバスローブを着て出てきました。後ろから抱き着いて裾から手を入れました。彼女が恥じらって、僕の手に自分の手を重ねてくるのがよかったですね。彼女にはそのままベッドに四つん這いになってもらいました。四つん這いになっているところを後ろから開いて覗いてみると恥ずかしがっていました。オイタはほどほどにして、後ろから手を伸ばして二つのバルーンを掴んで挿入しましたね。日帰りの予定にしていましたので、あわただしく時間一杯楽しんでから、彼女とお別れしました。

その場で、彼女とはセフレになろうと約束をして、その日以降もちょくちょく会いに行っていますが、会いに行くのはけっこう大変です。だから、僕の住んでる街の近所に引っ越してくれないか交渉中なんですね。しかし、彼女に会うたびに単身赴任みたいな気分を味わえるのは悪くはないんですよね。出会い系でそんな気分を味わうことになるとは思いませんでしたね。掲示板を使わなければ佐賀に行くことはなかっただろうし、通うことにはならなかっただろうと思います。だから、僕にとっては佐賀は出会いの街のイメージですよ。