終電後にセフレ掲示板使ったら23歳のセフレできた話

久々に調子に乗って飲んでいたら、終電の時間を過ぎていました。

歩いて帰れる距離じゃないし、ネカフェに泊まるのもなんか嫌、公園や駅前で寝るのも嫌。

となると、ホテルに泊まるしかないけど、ホテルに泊まるなら一人よりも誰かと一緒がいい。

男同士で泊まるのも嫌。

どうせなら女の子とお泊りしたい。

余計な欲が出たところで、出会い系サイトのセフレ掲示板で一緒にお泊りしてくれる相手を募ることにしました。

時間的にギリギリすぎてタイムリミットまで時間は残されていなかったと思いますが、同じような状況で同じことを考える女性がいてくれました。

利害が一致して仲良く合流できました。ちなみに使ったセフレ掲示板は「ハッピーメール」です。

とはいえ、アルコールもそこそこ入っていたし、細かいことはどうでもよくて、セフレ掲示板にいる女の子のプロフィールとかよく見ずに連絡してみました。

適当に探した相手から素早い返信がありました。

寂しがり屋の女の子は23歳の若い子

終電後にセフレ掲示板使ったら23歳のセフレできた話

週末の夜を一人で過ごしたくないとかなんとか言っていたような女の子でした。

二人ともすぐにでも会わないといけなかったんで、出会いまではすんなりうまくいきました。

掲示板で最初に連絡してから数時間と経たずに合流して、近くのホテルに一緒に行きました。

飲んでない状態でやってもそんなにうまくいったことはないですね。アルコールの力は偉大です。

本音を言うと寝るだけでもよかったけど、彼女のほうが乗り気で、そうもいかなくなりました。

23歳とまだまだ若いからだったのかな。そんなんだから出会いに応じてくれたんでしょうけど。

酔っていたし義務的なセックスではあったけど、まぁよかったですよ。

多少酔っていたが、心地よい酔いになったんでした。

掲示板の使い方はこういう使い方でいいのかな。

セフレにならなくても一緒に飲むために集まるのも悪くないかもしれないですね。

朝起きた時には、飲んだ翌日の刺激臭が室内に充満してました。

正直、会う前は会えればそれでよかったんだけど、酔いがさめた翌日一晩だけで別れるには惜しい女の子。

二日酔いの頭でセフレにしようと思いました。LINEも交換できていい感じで別れたからうまくいくと思います。

二日酔いがおさまってから連絡すると返事してくれてました。

掲示板でのこの出会いを無駄にしないつもり。

今度はアルコールを飲まないように気をつけないとです。

飲むのはセフレになってからにしよう。